沖縄県ソフトテニス連盟について

各部会からのお知らせ

ワタキューカップ観戦記 初日シングルス

2019年11月12日

2019 World Softtennis WATAKYU CUP in OKINAWA
11月9~10日、那覇市漫湖公園庭球場においてワタキューカップが開催されました。
大会初日は男女シングルスが行われ、男子は瀬口翔太(トヨタ自動車)、女子は泉谷朋香(東芝姫路)選手が激戦を制し優勝しました。おめでとうございます🏆
沖縄県代表として挑んだ干川良太(軟友会)選手は坂口亮太(東邦ガス)に1-④。高嶺心萌(八重山高)選手は真野彩可(ベスト)に2-④で惜しくも敗れた。

午後からは、県内から約200名の小中学生が参加し、ソフトテニス教室が開催されました。
NTT西日本、U-20の堀晃大監督の指導の下、日本のトップ選手の手ほどきを受けながら、元気にボールを打っていました。この中からきっと一流選手が育ってくれることでしょう!

【男子シングルス
ベスト4には、2018全日本シングルスランキング3位の船水雄太(NTT西日本)選手。また、今年からナショナルチーム入りした星野雄慈(日体大)選手が入った。
2019全日本シングルス3位の広岡宙(NTT西日本)選手が初戦で工藤浩輔(KEIスポーツ)選手に敗れ、工藤選手がベスト4入り。
最後の一枠は、瀬口翔太(トヨタ自動車)が日本連盟推薦の上岡俊介選手をファイナルで破りベスト4入り。
男子の準々決勝4試合はすべてファイナルゲートという激戦でした。
決勝は、星野雄慈選手を2-④で下した船水雄太選手と、工藤浩輔(KEIスポーツ)を1-④で下した瀬口翔太選手との対戦。
ファイナルまでもつれる戦いとなりましたが、瀬口翔太(トヨタ自動車)選手がバックハンドエースで優勝を決めました。

【女子シングルス
2018全日本シングルランキング1位の尾上胡桃(日本連盟推薦)選手、2019全日本シングルス選手権8強の志牟田智美(東芝姫路)選手、2016~17全日本シングルス連覇の大槻麗(ダンロップ)選手がベスト4入り。
最後の一枠は、日本連盟推薦の笠井祐樹選手が敗れたブロックを制した泉谷朋香(東芝姫路)選手。
決勝は、尾上胡桃選手と泉谷朋香選手の同級対決。
2019全日本シングルス選手権の8決めでファイナル負けした尾上選手に、泉谷選手がリベンジ!➃-2で破り優勝しました。

               

topへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です