沖縄県ソフトテニス連盟について

各部会からのお知らせ

【特集】九州ブロック大会観戦記8/17・18(佐賀県)・・・広報部〔小牧facebookより〕

2019年08月19日

沖縄県成年女子本国体出場おめでとう!

8月17,18日の2日間に渡り佐賀県松浦河畔公園庭球場にて「第39回九州ブロック大会 ソフトテニス競技」が開催されました。
娘達が挑む成年女子は、4勝3敗で4位に入り、昨年に続き国体の出場権を獲得。
娘の応援もこれが最後かなと思ってましたが、もう少し出来そうです😄

大会第1日目
今年の九州ブロック、各県に大学生や実業団の選手が所属、特に来年の鹿児島国体を控える鹿児島チームは城山観光所属選手にヨネックスの黒木さんも加わり、優勝候補筆頭。激戦の予感!
沖縄は、昨年チームを引っ張って3位に入賞させた神谷絵梨奈さんが監督。昨年のメンバーの外間夏海、小牧万里波、友利璃南の3人にインカレ32に入った高嶺彩羽(早稲田大)、今年名護高から実業団に所属した金城佳奈(サニーブリーズ)が加わった。
1日目は、長崎、熊本、鹿児島、大分と強豪が続く。初戦は長崎戦、第1ダブルス外間 友利はファイナルまで持ち込むが惜敗、続くシングルス、第2ダブルスも落とし、まさかの0負け。苦しいスタートとなる。
第2戦、昨年の準優勝チーム。第1ダブルスは実業団出身の若田 と東経大の上田ペアに1-④ 負け。重苦しい空気の中、1番若い金城がシングルスを④-1で待望の勝利。3番勝負は小牧 高嶺。相手の前衛は小牧がインカレ16掛けで敗れた神戸松蔭女子学院のペア。0-3とリードされるがファイナルに持込み逆転勝利。2-1で熊本に勝利!
第3戦、優勝候補の鹿児島戦。1番ダブルス外間 友利、強打の末吉、ヨネックスの黒木ペアに一歩も引かずシーソーゲームでファイナルに!惜しくも敗れましたが、チームを勢い付けてくれました。続くシングルス金城はファイナルを制して3番勝負へ。第2ダブルス小牧 高嶺もファイナルの接戦。これを7-5で制して鹿児島に2-1で勝利!
第4戦、3勝の昨年の覇者、大分戦。第1ペアの外間 友利、前の試合の勢いで3-0リード!しかし大分が落ち着いた試合運びで追いつきファイナルの逆転負け。シングルス金城が④-1で巻き返し3番勝負へ。しかし第2ダブルス小牧 高嶺が2-④で落とし1日目を2勝2敗で終えた。

大会2日目
もう負けられない状況で2日目の試合の初戦は宮崎県。3番手勝負で勝ちきり、福岡県と3勝同士の対決。1番ダブルス、2番シングルスを落として敗戦。しかし8県のリーグ戦、何があるかわかりません。3番ダブルスがストレートで勝ち最終戦に。3番の相手の後衛宮薗は、高嶺がインカレ16掛けで敗れた選手。ここでもリベンジ!
この時点で大分、鹿児島が5勝、福岡が4勝、沖縄、熊本、長崎が3勝で並ぶ。
最終戦の佐賀。隣のコートでは3勝同士の熊本と長崎が対戦。沖縄が佐賀に勝てば4勝。長崎が熊本に勝てば4勝で並ぶが直対決で沖縄が負けてる為長崎が4つ目の出場権を獲得。熊本が勝てば沖縄が獲得。隣のコートも気になりながら佐賀を応援!
1番ダブルス外間 友利、ファイナルでマッチまで握られるが接戦を制した。ここまで苦労しながら勝利のなかった第1ペアの勝利に応援団も涙ぐむ。シングルスが始まったところで、熊本が長崎を下す。応援📣にも力が入る。金城がストレートで下し4位確定。3番ダブルスも勝利し、3-0勝利で最終戦を終えた。

第1戦
沖縄 0-3 長崎
外間 友利 3-④ 竹添 坂田
金城 2-④ 高崎
小牧 高嶺 1-④石垣 松下

第2戦
沖縄 2-1 熊本
外間 友利 1-④ 若田 上田
金城 ④-1 芝
小牧 高嶺 ④-3 山崎 宮原

第3戦
沖縄 2-1鹿児島
外間 友利 3-④ 黒木末吉
金城 ④-3 加
小牧 高嶺 ④-3 大園 元村

第4戦
沖縄 1-2 大分
外間 友利 3-④ 松崎 田中
金城 ④-1 高橋
小牧 高嶺 2-④ 渡邊 大塚

第5戦
沖縄 2-1 宮崎
外間 友利 1-④ 林 森松
金城 ④-1 津曲
小牧 高嶺 ④-2 白石 徳留

第6戦
沖縄 1-2 福岡
外間 友利 1-④ 原口 重
金城 2-④ 酒井
小牧 高嶺 ④-0 宮薗 永野

第7戦
沖縄 3-0 佐賀
外間 友利 ④-3 副島 中村
金城 ④-0 万野
小牧 高嶺 ④-2平田 矢壁

topへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です